よくある質問

「仕様性能について」のよくある質問

Q.jpg トヨシリコーン加締め品でHF型とF型との違いが知りたい。

A.jpg

 

フェルール継手「HF型」と「F型」の違いは加締方法が違い外観形状が若干異なりますが機能、性能の違いはありません。また、F型はHF型よりサイズ品揃えを多く揃えております。

 

Q.jpg F型、M型、C型、NT型の継手にはパッキンも付いてくるのですか?

A.jpg

 

C型にはパッキンが組付いていますがそれ以外の継手にはパッキンが付いていませんので別途ご用意下さい。トヨックスではパッキン単品の取扱いをしておりません。

 

Q.jpg

クーラントホースのコネクタのネジはミリネジに合いますか?
A.jpg 管用テーパーオネジ R ( 旧PT )なのでミリネジには合いません。

 

Q.jpg クーラントホースはRoHS対応品でしょうか?
A.jpg RoHS対応品です。

 

Q.jpg トヨロンとスーパートヨロンの違いを知りたい。

A.jpg

 

 

①一部サイズの肉厚・サイズ・耐圧・定尺が異なっております。その為、サイズによっては継手やホースバンドが異なる場合がございます。
②ホース色、耐油性能がTRとSTで異なっております、仕様環境によって使い分けてください。詳細は規格表をご覧ください。 トヨロン  スーパートヨロン

 

Q.jpg トヨキャップは食品衛生法に適合していますか?
A.jpg ポリエチレン製で食品衛生法( 告示201号 )に適合しています。

 

Q.jpg

 

クーラントホースを使用するときは必ずコネクタとホースの間にバルブやフィッティングアダプターを接続しないと使用できなのですか?

A.jpg

 

 

なくても使用できます。

カタログ、HPの組合せ表では主要な各パーツの使用例を記載しており、バルブやアダプタを接続した場合の参考資料としています。

 

Q.jpg トヨコネクタはRoHS対応になっていますか?
A.jpg RoHS対応になっています。

 

Q.jpg トヨコネクタの交換部品はホース接続の都度、交換しなければいけないのですか?

A.jpg

 

トヨコネクタシリーズは再使用時に必ずスリーブ(商品によってはゴムキャップ)を交換してください。

 

Q.jpg トヨコネクタは取付け・取外しの繰り返し使用できますか?

A.jpg

 

トヨコネクターシリーズはリユース可能です。
ただしリユースの場合は必ずスリーブ(商品によってはゴムキャップ)を交換してください。

 

Q.jpg トヨコネクタの保証圧力は何キロまでですか?
A.jpg トヨコネクタシリーズはトヨックスホース専用継手です。
ただしTCFSは温度条件がありますので継手詳細ページでご確認ください。

 

Q.jpg トヨコネクタをトヨフーズ、エコロン、トヨフッソに使用できますか?

A.jpg

 

トヨコネクタシリーズはトヨックスホース専用継手です。
ご使用されるホースの詳細ページあるいは継手の詳細ページをご確認ください。

 

Q.jpg トヨシリコーンは耐熱性があるとのことだが、耐火性(難燃性)はありますか?
A.jpg 耐火及び難燃性ではありません。

 

Q.jpg トヨシリコーンSの19φサイズだけどうしてトヨシリコーンのサイズと異なるのですか?
A.jpg トヨシリコーンS 19φは市販の竹の子に入りづらいので19.5φにしてあります。

 

Q.jpg トヨデリバーとデリバーの違いを知りたい。

A.jpg

 

トヨデリバーはデリバーに比べ軽量でホースの折れキンクが少ない構造のホースです。デリバーはトヨデリバーに比べ肉厚で丈夫です。また太いサイズ品揃えがあります。

 

Q.jpg TD-9とTD-9Gは何が違うのですか?
A.jpg 外皮色がアイボリーとグレーの違いでその他の機能性能はまったく同じです。

 

Q.jpg トヨフーズSの補強材は何ですか?錆びますか?
A.jpg

 

 

補強材が鉄の硬鋼線なので錆びます。使用する場合は、ホース端面を接液しないようお願いします。錆びにくい補強材を使用した商品もありますのでお問合せください。

 

Q.jpg ヒットランやトップランにヒット金具を使用しても問題ありませんか?
A.jpg

 

使用できません。外皮切れ、漏れ、金具抜け等が発生する恐れがあります。ヒットランやトップランにはラクラクジョイントをご使用ください。

 

Q.jpg ホースの寿命が知りたい。

A.jpg

 

 

ホース寿命の定義がお客様によって異なり、また、流体、温度、圧力、頻度などの使用条件が用途によって大きく異なるため一般的な回答はございません。今後、お客様に参考にしていただける寿命の指標となる数値を検討してゆきます。

 

Q.jpg ホースの最小曲げ半径とはホースを曲げたときの内側と外側どちらの半径をいうのですか?
A.jpg ホース径の中心で計測する値です。 詳しくはこちらを参照してください。

 

Q.jpg ホースの柔らかさは最小曲げ半径が小さいほど柔らかいと考えて良いのですか。

A.jpg

 

 

 

いいえ。柔らかさの目安の一つではありますが、絶対的なものではありません。たとえば曲げ半径の数値はトヨスプリング<トヨロン<スーパートヨロンとなりますが、実際に柔らかいと感じるのはその逆です。このように肉厚や素材、補強構造の違いでも柔らかさは異なりますので、撓みデータや商品サンプルを参考にホース選定されることをお勧めします。

 

Q.jpg NTS構造って何?説明をして欲しい。

A.jpg

 

 

 

イタリア、フィット社との技術提携によるノートションシステム構造(No Tortion System)の略称で、補強材の糸の編み方を改良しホースの捩れによるキンク防止や糸抜け破裂防止を促進することで継手からの漏れや継ぎ手抜け対策に効果があります。トヨシリコーン、エコロン、トヨデリバーホースに使われています。

 

Q.jpg ホースの導電率データを教えて下さい。

A.jpg

 

一般的に軟質塩化ビニールホースの導電率( 電気伝導率 )は 1011~ 13/Ω・cmです。
また、一般的なシリコーンでは 1015~ 16/Ω・cmです。

 

Q.jpg トヨックスホースはPFOS規制に適合していますか?

A.jpg

 

欧州では2008年6月27日よりPFOSの使用禁止規制(2006/122/EC 一部除外あり)が施行されることとなりましたが、弊社ホースはPFOS規制に適合しています。

 

  このページのトップへ▲
 

「商品について」のよくある質問

Q.jpg トヨシリコーン以外のホースを加締めて欲しい。

A.jpg

 

継手加締品は各種取り揃えております。
ご使用されるホースの詳細ページあるいは継手の詳細ページをご確認ください。

 

Q.jpg トヨシリコーン加締め品はどの様な発注形態、単位ですか?

A.jpg

 

納期を頂く受注生産品となっており、継手の種類やホースの口径、長さ、本数を指定し発注して頂く商品となっております。

 

Q.jpg 「あらい」はなくなったのですか?
A.jpg 2007年7月に廃番となりました。

 

Q.jpg 「アロー」の7×13、5サイズはなくなったのですか?
A.jpg お客様のご要望により、1/4サイズは6.5φに統合させていただきましたので、こちらをご使用くださいませ。

 

Q.jpg 「カルイーノ」はなくなったのですか?
A.jpg 2007年7月に廃番となりました。

 

Q.jpg クーラントホースを任意の長さや種類に組んで納品してもらえるのですか?

A.jpg

 

決まった種類と個数でパック販売している商品です。従って基本的にはそのような受注形態を取っていません。

 

Q.jpg スーパーテトロンという製品はありますか?

A.jpg

 

 

工業用品部門のホースとしては1995年9月にスーパーテトロンホースをスーパートヨロンホースに名称変更しました。

 

Q.jpg トヨクーラントはなくなったの(廃番)ですか?
A.jpg 2007年5月に廃番となりました。

 

Q.jpg ホース表面に「環境ホルモン対策品」と印字しなくなったのはなぜですか?

A.jpg

 

 

 

 

環境省は「環境ホルモン」という言葉だけで※1「可塑剤」という物質についての安全性やリスクを定義することは不適切と判断しました。そのため、弊社はホース表面に「環境ホルモン対策品」と印字することを廃止しました。
 ※1可塑剤・・・塩ビなどプラスチックを軟らかくするために添加される物質であり、弊社でも軟質塩化ビニール製ホースに使用しています。主に酸とアルコールから合成される化合物です。

 

Q.jpg 定尺よりも長い単位でホースを購入できないのですか?

A.jpg

 

規格外の長さでも納期や価格、ロット数などで対応できる場合があります。詳しくはお取扱店にてご確認ください。

 

Q.jpg

 

ホースの長さですが、定尺よりも少なく購入は可能ですか。またその時の最低長さ及び、金額のアップなどはあるのでしょうか。

A.jpg

 

弊社ホースの取扱店では定尺外の長さでもご希望切り販売をしている所が多くあります。ご希望切りの販売長さや金額等については取扱店にお問い合わせください。

 

Q.jpg 輸出する際に必要な「非該当証明書」は貴社で発行できますか?
A.jpg 規格品の「非該当証明書」は発行できます。

 

  このページのトップへ▲
 

「流体について」のよくある質問

Q.jpg トヨシリコーンに蒸気(スチーム)を流しても問題ありませんか?

A.jpg

 

トヨシリコーンはスチーム用ホースではありません。130℃以下で0.2MPa以下の使用で、短時間の滅菌目的の場合に限り連続使用を避けてご使用いただいております。

 

Q.jpg トヨシリコーンにシリコーン油を流しても問題ありませんか?

A.jpg

 

問題ありませんが、ホース表面がベト付く場合があります。また、70℃以上でのご使用は保証できません。

 

Q.jpg トヨシリコーンに苛性ソーダを流しても問題ありませんか?

A.jpg

 

 

 

トヨシリコーンには苛性ソーダ溶液を流さないでください、ホース劣化が促進されます。ただし、CIP洗浄などの洗浄目的で2%~3%に希釈した溶液であれば実用上、問題なく使用できます。実際CIP装置メーカー様での使用実績があります。ただ、水やエアーを流すときより劣化は促進されます。

 

Q.jpg トヨロンに塩素を流しても問題ありませんか?
A.jpg トヨロンに塩素は流さないで下さい、トヨフッソホースをお勧めします。

 

Q.jpg トヨフッソホースにガソリンを流しても問題ないか教えて欲しい。

A.jpg

 

 

 

 

燃料油には使用しないでください。ただし、トヨフッソホースは、フッ素樹脂を最内層に用いており、ガソリン等の燃料油やトルエン等溶剤の耐性を有していますが、ご使用に当たっては静電気低減の為にホースへの金属線の巻着設置( アース )処理をお勧めします。一方これらの流体は引火性のため、ご使用状況により消防法の規格が適用される場合がありますので、詳細は地元の消防署にご確認くださいますようお願いします。

 

Q.jpg ロックに80℃の水を流しても問題ありませんか?

A.jpg

 

エアー専用の塩化ビニールホースなので、80℃のお湯はホース劣化を促進させます。ご使用は避けてください。

 

Q.jpg

 

トヨックス製軟質塩ビホースに都市ガス、LPガスのような可燃ガスを流しても問題ありませんか?
A.jpg トヨックスのホースに可燃性ガスは流さないでください。着火、延焼のトラブルの恐れがあります。

 

Q.jpg 次亜塩素酸ソーダ(次亜塩素酸ナトリウム)をトヨロンに流しても大丈夫でしょうか?

A.jpg

 

常温で5%以下であれば使用できます。ただし、水を流すときより劣化は早いためより長く使用したい場合はエコロンやトヨフッソをお薦めします。

 

Q.jpg 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)をトヨロンに流しても大丈夫でしょうか?

A.jpg

 

 

劣化が早いのでお勧めできません。約1年で黄変色し劣化・硬化し、その後さらに劣化・硬化が進みホースの内側から茶褐色になります。耐久性の面ではエコロンやトヨフッソをお勧めします。

 

Q.jpg トヨロンに高濃度のオゾン水を流しても大丈夫でしょうか
A.jpg 問題なく使用できます。

 

  このページのトップへ▲
 

「技術について」のよくある質問

Q.jpg FDAの証明書は日本の認証機関が日本語で発行した書類ですがこれが本物ですか?

A.jpg

 

FDAは米国食品医薬品局の略称で、当局の定める審査基準に準じ第三機関が準拠性を証明するもので、書類言語は真偽性と関係しません。

 

Q.jpg 耐薬品データ表で○×△の表示がないのはどういうことですか?

A.jpg

 

参考となる試験データがないので表記してありません。また、塩酸など各濃度で表記がある場合、例えば、20%が○であれば敢えて10%のデータを表記していないこともあります。

 

  このページのトップへ▲
 

「継手について」のよくある質問

Q.jpg ホースに合った竹の子ニップル継手のサイズを選定して欲しい。

A.jpg

 

 

 

 

トヨックスホースにはトヨックス専用継手が最適です。専用継手の規格が無い場合は、市販の竹の子ニップルをご使用ください。竹の子ニップルはホースのサイズに応じて適したものをお選びください。また、表面に傷 ・ 錆等のあるものは使用せず、末端部分は極力丸みを付けてください。 詳しくはこちら

 


このページのトップへ

 



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.